会社案内/沿革

1945年(昭和20年)帝人織布株式会社(絹・人絹織物の製造販売)を金沢市に設立
1949年(昭和24年)小松工場(織物生産)を小松市に設立
1958年(昭和33年)小松工場にて「テイジン テトロン」長繊維バルキー加工糸事業開始
1961年(昭和36年)金沢工場を撤収、本社を小松工場に移転
1963年(昭和38年)織物事業撤収、バルキー加工糸事業専業となる
1964年(昭和39年)社名を帝人加工糸株式会社に変更
1967年(昭和42年)小松工場にてBCF加工事業開始
1970年(昭和45年)小松工場にてニット丸編事業開始
大阪事務所開設
BCF加工事業を山陽加工糸㈱(三原市)へ移管
1972年(昭和47年)山陽加工糸㈱(広島県三原市)を吸収合併、
帝人加工糸㈱三原工場とする
1974年(昭和49年)営業部東京駐在所を帝人東京本社内に設置
1977年(昭和52年)加賀工場を設立、ニット丸編事業を小松工場より移管
1993年(平成 5年)大阪事務所をテキスタイル事業部大阪営業所に拡大
東京駐在所をテキスタイル事業部東京営業所に拡大
1999年(平成11年)三原工場ISO14001取得
2001年(平成13年)小松工場、加賀工場1SO14001取得
三原工場OHSAS18001取得
2003年(平成15年)小松工場、加賀工場ISO9001取得
2004年(平成16年)帝人加工糸(南通)有限公司設立、中国での加工糸、ニット操業開始
2013年(平成25年)テキスタイル事業部を親会社である帝人フロンティア(株)に事業統合
2015年(平成27年)
開発センターを新設、事業開始
2016年(平成28年)
三原工場事業撤収
2017年(平成29年)
帝人加工糸(南通)有限公司の撤退(中国南通市)

1951年頃の裏山から見た小松工場
1951年頃の裏山から見た小松工場
1964年頃の小松工場
1964年頃の小松工場
1965年頃の小松工場正面
1965年頃の小松工場正面
現在の小松工場
現在の小松工場
お問い合わせ